ワタリドリ夫婦は今日も行く

転勤族の夫(もー)と、ついて行く妻(むい)。ただいまむい妊娠中

【7ヶ月】公的機関の母親学級にも行ってみた!

むいです(^^)

 

分娩予定の産院での「母親学級」には先日参加してきたのですが、里帰り先での妊娠・出産関係の情報などに疎いことと、初めての出産でセカンドオピニオンが欲しかったこともあり、公的機関が開催している母親学級にも参加してみることにしました!

 

申し込みの発端は…

お散歩ついでに顔を出してみた施設(施設自体はどちらかというと産後育児向けでしたので本格的な利用はだいぶ先になりそうですが^^;)にて『公的機関でも母親学級があり、地区外在住のプレママさんも受け入れをしているようだ』という情報をゲットしたことです。うっすらと公的な母親学級があること自体は聞いていましたが、地区外在住だと無理だろうな~と早合点していたので、参加できそうだと聞いてびっくり!思い込みは良くないですね💦

施設でいただいてきたチラシを読んで、主催者さんへ早速電話で問い合わせ!平日開催している母親学級は参加OKとの回答をいただき、その電話で申し込みも受け付けてもらえました!全4回だそうですがすでに1回目は開催済とのことで、2回目からの参加です💛

ちなみに土曜日開催の両親学級は在住者で予約がいっぱいだそう💦優先すべきはその土地に納税されている方でしょうし、こればっかりは仕方ないですね~。

 

里帰り含め、住民票と違うところで分娩する妊婦さんは行政などからのフォローが遠くなりがちです。里帰り先の行政さんが「妊婦が増えたこと」に気づくのは難しいでしょうし、居住地の行政さんだと遠くてサービスを届けようがないですからね。自分の足で情報を収集するのは大事、と痛感しました!

 

いざ、参加!

今回はプレママさんばかり15~20人程度の参加でした。受付にて「今回初参加・先日電話した」ということを伝えたら「あ、里帰りしてきた方ね!」と、すぐにわかっていただけました。連携が確実なの助かります!

名前を書いて好きな席へ。椅子は病院の待合室にあるようなソファーでした。産院の母親学級はパイプ椅子でしんどかったから嬉しい~!ちょっと暖かな日だったので暖房は入っていないようでしたが心地よい環境でした。

f:id:mofmof-muimui:20181202112735j:image

↑今回の資料

 

時間になったら早速スタート!今回の内容は以下の4点でした!

  • たばこの害について
  • 血糖値について
  • 歯科衛生について
  • 妊婦体操

他のところでも言われている内容があるので、今回も参考になった・心に残った情報について少しだけシェアします^^

 

<たばこの害について>

  • 「換気扇の下やベランダで吸ったらセーフ」は誤情報!
    換気扇を回していても家の中で夕飯のカレーのにおいがするのと一緒で、たばこの有害物質も換気扇では外へ出て行ってくれないようです。ベランダで吸っても服にくっついて部屋に入ってきちゃうんだそう(花粉みたいね)。

<血糖値について>

  • 妊娠糖尿病と診断された人は、糖尿病にかかるリスクが7倍以上!
    妊娠糖尿病は出産したらもう大丈夫、ではないんです。糖尿病になってしまうリスクが診断されていない人に比べて非常に高くなっているので、産後は忙しくても絶対内科を受診するべき!だそうです。次の子供を妊娠した時に糖尿病になっていると先天異常の赤ちゃんが生まれる可能性も高くなるとか。

<歯科衛生について>

  • 妊婦さんは虫歯になりやすい!
    つわりで歯磨きできない・食生活が不規則……が理由かと思ったら、妊娠中に増加している女性ホルモンって虫歯菌も活発にするんだそうです。口の中をちゃんとアルカリ性に戻して歯の溶出を抑えるためにも規則正しいお食事が大事!
  • 詰め物したところに注意!
    すでに以前虫歯を治療して詰め物をしている人は特にその周辺に注意が必要。新しいところが虫歯化するよりも、ひどい状態で発見されることが多いんだとか。
  • 治療は安定期(中期)のうちに開始しよう
    どうしても身体がきついなら産後でもいいけど「そんな時間ほぼないよ」と。後期になるとグングンお腹が大きくなる+産科受診頻度も多いので、中期のうちに開始しておくのがおすすめ。また、歯科で使用されている麻酔は産科の分娩時に使われているものと同じだから赤ちゃんへの影響はほとんど心配なし。レントゲンも口の周りの小さな範囲だけなら影響はほぼないから安心して行ってきて、とのこと(予約時等に妊娠中である旨は伝えた方が安心)。
  • 歯ブラシで「歯周病ポケット」を磨く必要なし!
    今回一番の衝撃だったかも。歯磨きに有効な歯ブラシは、
    ・毛先が細くなっていなくて
    ・でこぼこにもなってないフラットで
    ・固さはふつう
    ・親指の幅くらいのブラシ……だそうです。
    それを、歯の面に対して毛が直角(90度)になるようにあてて、毛先が広がらないくらいの軽い力で磨けばOK。歯茎との際まで磨けば、わざわざ歯周病ポケットとやらに毛先を突っ込む必要はない!と断言されました。素人の歯ブラシ使いで歯周病ポケットを掃除はできないそうです。むしろその部分に分泌されてる「自己防衛」液の機能を邪魔しているかも!?とちょっと怖いお話も……。
  • 「生えたての歯」は注意して磨いて
    生後6ヶ月ごろに生えてくる乳歯、そして小学生くらいで生え変わってくる永久歯……どちらも生え始めの歯というのは「軽石」のように穴ぼこだらけ!これが唾液に常にさらされることでどんどん固く密な歯になっていくんだそうです。軽石状態だと虫歯菌も歯を溶かしやすいというのは想像に難くないお話。子供って歯磨き嫌がることも多いと思うけど、虫歯になると後々苦労するからちゃんと磨いてあげてね、とのこと。
  • 赤ちゃんの虫歯予防は、『口移しの制限<<<<ちゃんと歯磨きすること』
    よく「スプーンの共用」などで大人から虫歯菌が移るという話があります。それ自体は間違いではないので、口移しなどを控えるのはもちろん大事。だけどそのせいで「スプーン共用できないからご飯お預け!」だったりお母さんがピリピリして楽しい食事時間でなくなってしまうなら、別に多少やっていいから歯磨きちゃんとしなさい!とのことでした。
    赤ちゃんってなんでも口に突っ込むから極端な話、「可愛い~♡」とほっぺにされたキスを触る→その手を口に突っ込む→感染、も十分ありえるんだとか。そんなの制限してたらきりがないし家族が触れ合えなくなっちゃうほうがよくないですよ~と。あ、おじいちゃんおばあちゃんの好意をそのまま受け取らせていいんだ!とちょっと安心しました。

<妊婦体操>

  • 股関節は柔らかくしておくといい
    まだまだ分娩台はガッツリ足を開くタイプの産院さんが多いので、早いうちから柔軟はしておいたほうがいいとのこと。お腹が張ってきたときはダメだけど、スクワットや柔軟体操を積極的にやっておくと後で自分が楽かも?
  • 自分の要望の伝え方を考えたり、マッサージポイント教えておくのも重要
    特にパパや実母など陣痛時に一緒にいるであろう人へは、してほしいことを率直に伝える練習を!喧嘩が発生しているご夫婦って意外と多いそうですよ(笑)陣痛の痛みをパパが理解するのは難しいので、察して動くというのはなかなかハードルが高いこと。陣痛で辛くて大変だけど、あらかじめ自分の気持ちがいいツボを教えておいたり、正確に要望をかなえてもらうために何から伝えるとスムーズか……などなど、事前に考えて共有しておくのは重要だそうです。
  • 「リラックスする」トレーニングもしておくといい
    陣痛が始まるとまとまった時間休むのは難しい!その時に短時間でもリラックスして疲れをいやすことができるように、トレーニングしておくといいそうです。目をつぶって腹式呼吸・好きな音楽をかける……など、3分間分くらいを目安に「すぐにリラックスした状態になれる」ものを探しておいてね~とのことです。

 

参加してみて……

ものすごく率直な感想は「産院の母親学級より分かり易い!」でした(すみません)。全く主張が異なる話というのはありませんでした(当たり前か)。産院と公的機関のどちらからも聞いた話というのは重要なことだとわかりますし、片方からしか聞けなかった話は、妊娠出産にあたっての情報を多く得られてよかったという感じでしょうか。産院だけだと公的サービスの耳寄り情報はなかなか得られないですし、より快適な産前産後生活のために複数の母親学級に行けたのはよかったかなと思います。乳児検診などで今後お世話になるかもしれない役場の方々のお顔を知れたというのもよかったかな、と思います。1人でも見覚えのある方がいると安心感ありますものね。

今回プレママさん同士での交流、というのも少なめでしたがありました。これは産院と違うなぁ……という感じ!これから同じメンバーであと2回くらい母親学級がありますのでまたお話する時間があればいいなぁと思います。赤ちゃんの性別は?とか、どこに住んでる?とかたわいもない話ですが、同じころに出産を迎えるママさんとお話できたのは気持ちのリフレッシュになりました。

椅子がソファーなのは本当によかったです。お腹が張っちゃった方も数人いたようでしたが、広いソファーでしっかり休めていたようです。スタッフさんも様子を聞きに来てくれていてより安心!これは割と本気で産院も見習ってほしい(笑)

 

あと、住んでいた地域でも里帰り先の地域でも「子育て支援ブック」のようなものがありまして、今回それを見比べることができたのも面白かったです。里帰り先の地域は、妊婦体操とかも掲載されていて内容充実でした!正しい情報であれば多すぎていけないことはないし、たくさん勉強したいなと思います。

 

 

毎日元気なキック?でんぐり返し?を受けていて、さぞや暴れん坊な子が生まれるだろうなぁと思っています(笑)あと数ヶ月、生まれてしまったら怒涛の毎日でしょうから今のうちに情報も含めてたくさん準備しておきたいと思います。

無料で開催してくださる公的母親学級の存在ってありがたいですね💛本当にスタッフさんたちに心から感謝です。

明日もいい日になーぁれ!